読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

erinco日和

ムスコ子育て奮闘中。限られた時間の中でいかに生活を良くして楽しむか、日々思うことなど書き綴っています。

『布おむつ育児』に疲れた次は『おむつなし育児』へ 2

育児

実践するとしてもまず、調べることから。

ということで、一通りネットや本でチェックすることにしました。

  

赤ちゃんにおむつはいらない

赤ちゃんにおむつはいらない

 

うーーん、な、なかなかのストイックぶりではないか。。。

しかも、首すわりの前、生まれてすぐから始めている人もいる驚きよ。

続きを読む

『布おむつ育児』に疲れた次は『おむつなし育児』へ1

育児

実は細々と続けておりました、布おむつ育児。私なりに、細々と。

erincobiyori.hatenablog.com

 しかし、先週の胃腸風邪daysでは、さすがにしんどくって終始紙おむつにお世話になっていたんですよね。その楽なこと楽なこと。。。。

でもでも、やっぱりゴミが増えたりしてあんまりいい気分ではありませんでした。

ムスコから、意識が遠のいていたのもわかったし。ちょっと成功しつつあった、トイレトレーニングも、また振り出しに戻る 泣

 しんどい布おむつから脱却したい。

f:id:erincobiyori:20161106215313j:plain

はい、正直な感想です。私は決して『ウキウキるんるん、幸せ布おむつライフ』を過ごしているわけではありません。

『できるだけ早く、おむつが取れてほしい』その願いでもって、頑張っている日々。『少しでも楽にならないか?』そればかり考える日々。

(だったら布おむつやめたら?って感じなんやけど、そこは今まで頑張ったプライドが邪魔をする 泣)

で、いろいろ調べていくうちにこんなワードにぶち当たることになりました

『おむつなし育児』

えーーっ、そんなことできるん??

おむつなし育児って?

ご存知でしょうかこの言葉。その名の通り『おむつをつけない育児』のことです。

いや、決して『垂れ流し』とかそういうものではありません。

実は生まれたばかりの赤ちゃんも、おむつの中で排泄するより、外でしたほうが濡れたりせずに気持ちがいいので、なるべく、できるだけ、おむつの外で自然な排泄を促してあげる。。。という考え方。

昔からいろんな国で行われてきた育児方法で、アメリカではEC(エリミネーション・コミュニケーション)と言い、もちろん日本でも昔から取り入れられてきました。

自然な排泄ができるのに、おむつをつけさせているのは、もう『大人側の事情』なのですよね。それにより赤ちゃんも『おむつの中で排泄するのが当たり前』になってしまい、逆にトイレやおまるで排泄できるようになるまで時間がかかってしまう。というのです。 なんて恐ろしいこと!

そのメリットは、もう諸先輩の方々が、いろいろなサイトで書き綴ってくださっています。

  • おむつ外れが早い
  • おむつかぶれが改善する
  • 便秘がなおる
  • 母と子のコミュニケーションが増えて、充実した育児ができる

などなど。いかにも『子供を思う、素敵なお母さん』が好きそうな感じ。

残念ながら私にいたっては至極単純で

『おむつ要らんのやったら、おむつ洗う手間も要らんやーーん』

ここにきて、溢れる母性本能で始めたはずの『布おむつ育児の精神』から真っ向に、真逆に突っ走る『めんどくさいの嫌精神』により、この育児に大変興味を持ったのでした。

『ますます、おむつ外れが早くなるなら、やるに越したことはない!』

と、早速実践することにしたのです。

 

続く

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

悪夢到来 お気に入りのバッグ類にカビが生えていた件

断捨離

いやん、うそん。そんなことってある?

そんな、そんな酷いことってあるん?

めっちゃめっちゃ久しぶりに、オットがムスコを見てくれるって

だから少しの間、一人でどこか行ってきていいって言われてめっちゃ嬉しくて

テンション上がって、無駄にアイシャドウとかマスカラとか念入りにして

出かけ間際に、ムスコが生まれてからずっと使っているサコッシュでない、違うバッグで出かけよう、お気に入りのやつ!っと思って

続きを読む

子育ては髪をも失う 涙 ベリーショートの定番化

断捨離 ココロとカラダのセルフケア

先日髪の毛を切りに行きました。ちょっと間が空いて2ヶ月半ぶり。

サッラサラのロングヘア時代(がありましてん)

出産前は腰くらいまで髪を伸ばしていた私。くせ毛で髪質も硬めなので半年に一度縮毛矯正をして、おりました。

 ヘアケアも余念がなく、毎日サロン用のウン千円するシャンプー、リンスを使い、

週に数回はウン千円するヘアパックでヘアケア。

髪を乾かすときにもウン千円するヘアオイルをつけ、イオンドライアーで乾かす。。。と、今思えばお金つぎ込んでたなぁと思います。おかげで私の髪はサラサラのロングヘアを保てていたので、結構好評でございました。ほんの短い『女子(じょし)』だった時代のことでございます。

 

しかししかし、しつこいようですが!

ブログをお読みいただいているみなさまはよくご存知かと思いますが!

わたくしめ、出産と共に自分にかける時間も気持ちも情けないほど減り尽くしてしまい。ええ、もちろん例外なく髪の毛にもその余波が 涙

猫の手も借りたいくらいてんやわんやの毎日に、まずロングヘアを洗う時間、乾かす時間がなんてあるわけがない。そしてとにかく長い髪の毛は邪魔。

(たまに、子育てしながら、綺麗なロングヘアを保ってらっしゃるお母様とか見ると、本当にすごいなと思う。自分にはできない)

あと、極め付けだったのが『産後の抜け毛』

これ、本当にびっくりするほど抜けます。シャンプーする度に、排水溝に

『えっ、誰かカツラ忘れたはる?』っていうくらいの抜け毛がたまる 涙。

こちらも精神的にキツくてですね。もう、『髪の毛切ーりーたーい』熱がフツフツと湧き上がってしまいました。そうして思い切って出した答えは

『よっしゃ、一気にベリーショートにしてしまおう』(極端!)

f:id:erincobiyori:20161212160232j:plain

ザックリハサミをいれたときのん。気持ちよかったー。

髪型はベリーショートを定番化

学生の頃にはベリーショート時代もあった私。

なのであまり抵抗がありません。オットは嫌がっていたけれど、本人がそうしたいんだから文句を言われる筋合いもなし。

ということで、出産してからは、ずっとベリーショートなのです。

私にはとにかく色々メリットがあります。

  • 自分の髪質に合っている

もともと少し癖があるので、ロングヘアだとケアが難しいのですが、短いとその癖が良い感じに現れて(自分の中では)基本、『洗って乾かすだけ』の毎日なので楽チン。

  • 時間短縮できる

洗うのも簡単、乾かすのなんて夏場はお風呂に入った後、ドライアーをかけなくても自然乾燥できる。短い髪の毛は、ロングの時よりマメに切りに行かなくてはなりませんが、手間というよりはリフレッシュ出来るので、苦ではありません。

  • コストがかからない

ロング時代に使っていたようなシャンプー・リンス必要なし。むしろ、一度買ったら全然減らない 笑。ドライヤー時にも何もつけずに乾かすだけ。ヘアパック不要。その他整髪剤、ヘアアクセサリー類、全く要らなくなりました。サロンへ行く回数は少し増えましたが、トータル、ショートの方が全然安上がり。

f:id:erincobiyori:20161212162702j:plain

 結果、私にとってはいいことづくめの髪型となり、迷うことは無くなりました。

ある意味これも『断捨離』ですね。

ロングヘアにも憧れるし、ボブが似合ってらっしゃる方も羨ましかったりするのですが、髪質や、自分の今のライフスタイルを考えるとなかなか難しい。

いろんな意味で似合う髪型というのは、人それぞれ違うと思うので、今の自分に合ったヘアスタイルを見つけることは大切だなぁと思います。

 

悩みとしては、『そのうち、また伸ばしたくなるかも。。。』との思いから、

高価なヘアアクセサリー類を処分しきれずにいる私。うーーん。。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

瞑想(迷走?)盆と正月どころじゃない色々が全部重なった件

思うこと

って、意味わからないタイトルですみません。

 

昨日は私、大変でした。

肉体的にも、精神的にも、色々に。本当に。

泣いて、嘆いて、怒って、落ち込んで。

気持ちの整理が全くついておらず、うまく説明できず、内容が内容だけにお伝えすることもできないのですが、べた〜〜な言葉で伝えると

続きを読む

全く嬉しくない流行りものが我が家に届いた件

育児 ココロとカラダのセルフケア

師走に入りいよいよ寒さ本番。皆様いかがお過ごしでしょうか。

私事ではありますが、胃腸風邪にかかっておりました。。。

一昨日の晩から胸がムカムカしてきて目が覚めて、深夜トイレにこもりきり 泣

そしてオットにも併発。昨日は一日中二人とも寝込むことに。

いやあ、大変。しんどかった。

続きを読む

上質な空気を身にまとうような着心地 ラベンハムのジャケット

愛しいモノたち

この夏にTATRASのダウンジャケットをZOZO買取サービスを使って処分しました。

erincobiyori.hatenablog.com 

最近はあまり活躍していなコートではありましたが、しかしよく考えると冬を越せるような大物ワードローブを他にも持ち合わせていないことに今更ながら気付く。

続きを読む