読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

erinco日和

ムスコ子育て奮闘中。限られた時間の中でいかに生活を良くして楽しむか、日々思うことなど書き綴っています。

断捨離の第一歩 買うのをやめました そして気付いたこと

買わない暮らし 断捨離

さて『不必要なモノを買わない』なんて極々当たり前のことを始めた私。

いや、実際の所は子育てに追われて、のんびり買い物に行けなかったというのが実情なのですが。

 

『捨てる』ことの手間ばかり書き連ねましたが、もちろん『買う』ことにも同じようにエネルギーが必要ですよね。その場に足を運んだり、今はネットショッピングも出来ますが、見ずに買うので失敗をしたくない!との思いからモノに対して調べたりするので逆に時間がかかったり。沢山調べて、悩んだくせに、結局買わなかったりすると、『今までの時間返してよ〜』とチカチカした目でパソコンに悪態をつきたくなります。いや、パソコンは悪くない。夫にも何度言われたことか。

『え、まだ買ってないの?』

だよね、そう思うよね。

なので、『買う』ことをやめれば、そのエネルギーを使う必要がなくなるので、その分『捨てる』ことが出来るのではないかと考えました。

 

もちろん、必要なモノは買います。ストックはあったとはいえ、消耗品もなくなれば買うし。ただ、腰まであった髪の毛がベリーショートになって、明らかにシャンプーの減りは少なくなったし、また書きたいと思いますが、育児を始めて基礎化粧品もほとんど使わなくなった私、すっぴんでいることが増えたので化粧品も全然減らない。

コンタクトが面倒で眼鏡生活が板につき、、、あらら、こうやってみるとなんだか『身だしなみ』を捨てているようで、悲しくはあるのですが 涙 明らかにモノが要らない生活を過ごしていることに気づく。そうなると今まで当たり前だと思っていたものを違った視点で見ることに。

 

使っていなかったものを使う

例えば石鹸。私は固形石鹸で身体を洗いますが、贈り物なんかでいい香りのする石鹸を沢山頂いたりしていたんですね。香りづけに洋服と収納していたこれらの石鹸で身体を洗うことにしました。

f:id:erincobiyori:20161029110548j:plain

京都限定の俵屋旅館の石鹸。上品な香りと泡立ちで贈り物にも喜ばれる品

これで身体を洗うと贅沢な気分。我が家にはこれがいくつもある。。。

 

 また、毎年この時期ハンドクリームが欠かせないのですが、贈り物でもよくいただき、何本かストックがありました。なのでこの冬は買わずに過ごせそうです。

 

代替品を考える

例えば贈り物でいただいたボディソープ。うちでは使わないものですが、ハンドソープとして使用しています。手も身体の一部なんだし、成分は変わらないはず。厳密に言うと濃度は違うようですが、手が荒れることもなく問題なく使用しています。

また、つげ櫛のお手入れに椿油を使用していましたが、使用目的がお手入れ用だけになっていたため、なくなった時に新しいものを買わずに、今は常にあるホホバオイルでお手入れしています。

 

買わなくなってよかったこと 

今までモノのあったところにスペースができることが嬉しい。

よく言われることですが、『場所の余裕は心の余裕』

本当にその通りだと思います。ゴチャゴチャしたところを見るより、スッキリ整頓された場所を見ている方が心に気持ちがいい。『もう少し整理しよう!』という気力が湧きます。

 

そしてものを買わなくなってよかったことの一つ

『お金が減らなくなった』

当たり前の事なんですけどね。私はアプリで家計簿をつけていますが、出産前と後では明らかに自分にかけるお金が減っているし。出産と同時期に仕事を辞めた私にとって、これは本当にありがたい。

 

 お金が貯まる上に、心の余裕まで生み出してくれるなんて、いいことばかりではないか!?なーんて思いで、でも無理せずに、この『買わない生活』を過ごしていけたらなと思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ