読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

erinco日和

ムスコ子育て奮闘中。限られた時間の中でいかに生活を良くして楽しむか、日々思うことなど書き綴っています。

我が家にマイセンがやって来た! ヤァヤァヤァ

愛しいモノたち

 断捨離でイロイロなものを処分して、手元に残った精鋭たち。それらをもっと好きに、今より大切にするために、愛でて褒めて良さを再確認しようと思うこのコーナー。ええ、完全なる『自己満足』の世界です。すみません。よかったらお付き合いください。さて本日はこちら

 

 

マイセンのタンブラー

f:id:erincobiyori:20161115223303j:plain

 言わずと知れたドイツの高級食器ブランドのマイセン。もちろん私も名前だけは知っていましたが、お高いイメージだし自分で買ったり使ったりするなんて、これっぽっちも思ったことはありません。しかしこちらは器が趣味の義母からプレゼントしてもらい、我が家にやってきました。

 

 もらった時には正直『ありがたいけど、こんな高級タンブラーなんてもらっても使うときがないよ〜。困ったな』という感想でした。ごめんなさい。アフタヌーンティーを優雅にいただくような趣味も時間も持ち合わせてないし、何を淹れて飲んでいいか分からない。。。悲しいかな『宝の持ち腐れ状態』

でもせっかく戴いたもの。使わないのも申し訳ない。

というわけで、日常、ほうじ茶をいれて飲むことに。

 

『なんか、ごめんやで。まさかほうじ茶が入れて飲まれるなんて思ってなかったよね。』我が家に来たのが運の尽き、諦めて〜!てな具合にお茶入れて一口。

しかし一度口をつけてみてびっくり。このタンブラーの素晴らしいこと!

 

美しさと機能を完全に兼ね備えたモノ

 私がいただいたのは『波の戯れシリーズ』のタンブラーです。絵などが一切入っておらず、表面に波のようなレリーフが施されているもの。どこか『花の蕾を』彷彿されるフォルムは、手で持った時にすっぽりと収まり、驚くほど馴染みがいい。

『高級なものは、特別なもので、華奢だったりして使いにくいのではないか?』なんて思っていましたが、我が家にあるどの茶器よりも持ち易い。そしてその口当たりの滑らかさと言ったら!

 どこに口をつけても当たりが良くて、『唇と一体化してるんじゃない?』と思うほどにまろやかな感触。違和感がまったくなく飲み物を口の中に注ぎ込んでくれる。一連のその流れに、ただほうじ茶を口にするだけでも毎回ハッとさせられて、つかの間優雅な瞬間にしてくれる。

『なんや、この飲み心地。全然いつものコップと違うやん。。。』

さながらアフタヌーンティ(どんなのかよくわかってないけど)もう、完全に虜です。

 

f:id:erincobiyori:20161115223333j:plain

 縁の広がり方が、『花の蕾』のように広がっていて、口当たりを滑らかにしてくれています

 

 『割れたらどうしよう』と恐る恐る使っていましたが、実際は形もシンプルで装飾も一切ないので洗いやすいし、丈夫だと思います。

賑やかな我が家のテーブルにはいささか場違いなこのタンブラーですが、置くとそこだけ凛とした空気が漂うし、友人が遊びに来てくれた時もこちらでお茶だしすれば、もてなした私がなんだかちょっと嬉しい気分に。

 

『なんてことはない。いいモノこそ、日常に使うべきなのだ』

と思わせてくれるタンブラー。今日も我が家で活躍中です。

惜しみなく、じゃぶじゃぶと。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ